大道ブログ

気持ちいい心でいたい私のWell-Being日誌

寝てる間は絶対Wi-Fiはオフにしよう運動〜ベストな電磁波対策はコレ!

少し前に更地(建物がない土地)で計測した電磁波のお話しを記事にしました。 

今日は、家の中の電磁波について少しお話しさせてください。

お母さんお父さん達、どうぞ読んでください。お願いします。

そして、原因不明で具合が悪くなっている方、前は違ったのに鬱っぽくなってしまった方、薬を飲む前にぜひ試していただきたいことがあります。

現代社会では、電磁波過敏症に悩まされている方が いらっしゃいます。生き物の生体磁場を著しく阻害するため、頭痛やアレルギー反応 や精神の混乱そして倦怠感など、症状は多岐に渡ります。

私は今の所、電磁波過敏症ではありませんので、パソコン 作業が長かったとしても特に何かあるわけではありません。

ところが、少し前に電磁波過敏症ではない私に起こったある出来事 がきっかけになって、目に見える数値的なものを知り、それを他の方にも知ってもらいたいなと思うようになりました。

高周波測定器を使って実験


今週は甥っ子3号が我が家にお泊まりにきていたので、夏休みの理科の実験 じゃないけど、一緒に実験してみました。

さまざまなシチュエーションで高周波測定器で計測し、それぞれの数値比べをしました。写真も撮ったので合わせてシェアします。

甥っ子達は、それぞれスマートフォン(iPhone)を持ち始めたので、自己責任で正しい 使い方をしてもらわなくてはなりません。

大人が口うるさく携帯利用ルールを語るより、実際に子供に自分で測らせて、数値の違いを確認してもらうのが、いちばん身にしみて納得してもらえるのではと思ったのです。

(1)Wi-fiオフの状態

f:id:omichikahori:20211128032418j:plain

Wi-fiオフの状態

まずは、家の中のWi-Fiの電源をオフにしている状態。コンセントも抜いた状態です。


これは高周波用の電磁波測定器です。これを見ると安心します。電源を抜いていたら電磁波はゼロなのですね。 

(2)Wi-fiの電源をオンにした状態

f:id:omichikahori:20211128033301j:plain

Wi-fiオンにした状態

こちらはWi-Fiの電源を差し込みオンにした時の数値。

オンにしたとたんに速攻でここまでグワーっと上がりました。はい、Wi-Fiをオンにしただけですよ!

ちなみにこの数値ですが、更地(外ってことです)に立ってPHS電話基地局アンテナのそばで計測 した時の数値より高いんです!

(3)スマートフォンをスリープ状態に

f:id:omichikahori:20211128033555j:plain

スマホをスリープ状態にした状態

 計測器のそばに、スマートフォン(携帯電話)を置いてみました。

オンになってるけどスリープ状態です。さらに数値が上がりました。

ちなみにこれは、携帯電話の電波が入らない部屋でやっていますので、純粋にWi-Fiの電波のみの計測です。

すごい数値です!ポケットにいつも入れてる人いますか〜!?

(4)スマートフォンを開いた状態

f:id:omichikahori:20211128033902j:plain

スマホをオンで開いた状態

今度は、スマートフォンをスリープ状態から目覚めさせました。そしてFacebookのアプリを開いてネットに繋がってるところです。

お子様がiPhoneでネットゲームとかLINEをしてる時、こんなに高い数値の高周波が飛んでいます。

PHS電話基地局アンテナの周囲の3倍はゆうにありますね。

 

子供にとって携帯はお友達とつながれるもの

 

子供達にとって「お友達」はとっても大事。

だからお友達と繋がっている携帯電話を、大切に大切に枕の下に入れて寝ている子がいるんです。けっこう多いです。

見えないから、親御さんが気づいていない事もあります。チェックしたり、本人に聞いてみたりして、できることなら「やらない方がいい理由」について説明を試みてください。

脳の電気信号が乱されてしまいますので脳にとって大きな影響がありますから、寝ている間はもとより、いかなる時でもには(身体には)長時間 近づけないように、あらかじめ注意を促しておいた方がいいですね。

そして、


「◯時〜◯時まではオンにして使っていいよ」

 

といった規則を作った方が本人も安心でしょう。楽しいとついつい時間が過ぎてしまいますからね。

小さいお子様や病人がいらっしゃるご家庭では、高周波を計測できる 測定器が常備してあればそれに越した事はありません。

けれども6万〜十数万してしまうので、レンタルする方もいます。

でも実は、レンタルも購入もしなくて良い方法もあります。

それは.......!!!

電磁波測定器を買わなくても大丈夫な技


電磁波測定器をレンタルしなくてもいいし、買わなくても大丈夫な方法があるのです。その方法とは、

 


寝る時にWi-Fiや無線LANのコンセントを抜く

 

ただ、これだけです!!

前回のブログ記事にも書きましたが、たとえ電源がオフでもコンセントがさしてあれば『電界』が発生しているのです。

(そして電化製品がオンになっていると『磁界』も発生して、 電界〜磁界~電界~磁界~電界~磁界…と組み合わさって流れます)

高価な測定器もいらない。
気に病む必要もない。

ただ、コンセントを抜いて寝るだけでオーケーなんです!無料です!

先ほどの写真でも見ていただいた様に、これだけ数値が違うんです。可能であれば、家中の全てのコンセントを抜いて寝るのがベストです。

コレ電気代がだいぶ安くなるという利点のおまけ付きです!(特に電話の子機を外して!驚くほど数値が高いです。それからTVとかラジオとかも!)

体も心も脳も健康にするコンセント抜き就寝術


これだけ携帯電話が普及していて、Wi-Fi電波が飛び交う都心。電磁波のことをいちいち気にしていたら、仕事にもならないし 神経が病んでしまいます。


ですが、たとえ気にしないようにしても生体電磁場に影響があることは間違いありません。

だからせめて就寝時だけでも「電磁波フリー」状態を つくりませんか!?

そしてあとはあまり気にしないで過ごす...。身体も脳も心も快適であれば、明日の健康をつくる礎になっていきます。

睡眠はあらゆる意味において非常に大切な時間です。 成長ホルモンが出て細胞を修復したり、脳がゲシュタルトの構築 をしたり、インスピレーションが降りてきたりetc. 。


睡眠時だけでも電磁波フリーを実行するならば、その日の疲れを癒し深い眠りによって明日への活力が漲る助けになります。


そして睡眠時の自己修復がきちんとできる体になることでしょう。身体が自分の治る力を高めていく助けになるのです。

「うちの無線LANは一階にあって寝室は二階だから大丈夫」とか、「うちには電磁波予防グッズがあるから大丈夫だよ」とか、「寝室と離れてるから大丈夫」とか、言わないでくださいね。

家中にWi-Fi電波は飛んでいます。(確認してみてください) 一人暮らしの大人は自己責任ですからどうしようと勝手です。

けれども、お子様やペットと一緒に暮らしていらっしゃるならば、この簡単な「就寝時Wi-Fiオフ運動」をぜひ実行しましょう!

電磁波に敏感な人も無自覚の人も健康でいよう


世の中には電磁波過敏症の人がいるかと思えば、自覚症状が まったく無い人も大勢います。

だからこそ、人々はいろいろな情報に翻弄され、混乱してしまうのです。

自覚症状が無くて、本当に生体磁場に影響が出ていない人は、 ご自身の生体磁場/生命場が強靭でかつ超ヘルシーなのです。

免疫力も高く、新陳代謝も良い人、ということです。しかし、常にそのような状態を保てている人は現代社会において多くはないのでは。

この様な人なら、氣の悪い場所にいたって、電磁波があったって、影響が少なく、たとえ影響を受けたとしても後から自らの生命力 により自動的に元通りに復活してしまいます。

この超簡単な「就寝時Wi-Fiオフ運動」を実践しつつ、自己免疫力をあげる努力を怠らずにいたいです。

このちょっとした習慣が、この便利な現代社会の恩恵にあずかりながら、 健全に楽しく幸せに生きていくキーポイントとなります。

お子様と、自分やペットを含む家族の健康をたいせつに守っていきたいですね。



追記:


寝るベッドの場所を選ぶ時だけはなんとしても計測してから決めることをお勧めします。寝るときの頭の位置を決める重要ポイント。

外出時はWi-Fiは使いません。できることならコンセント抜いて出かける事をおすすめします。特に木造アパートの方。ペットを家に置いていかれる方は絶対コンセント抜いて出かけてください!

 

 




ご質問へのお返事:


>毎晩コンセントを抜いたら壊れないですかね? オンオフが可能のコンセントとかは効果あるんですか?


ご質問をお寄せいただき、ありがとうございます。

オンオフ可能のコンセントを使うと、抜き差しせず、スイッチを押すだけなので、楽になりますね。電界が発生してなければいいので、この方法でもOKではないでしょうか。

「コンセントを抜く」とわかりやすく表現しましたが、電流が流れなければOKです。たとえば、Wi-fi機器にプラグで線が繋がっていますが、そこを外すのでも同じことですよね。

我が家では8年ほど毎晩抜き差ししていますが、壊れていません。しかし、おっしゃる様に、壊れやすくはなるでしょうね。

「あなたはWi-fi機器が壊れるのと、お子様の脳細胞のネットワークが壊れるのと、どちらを選びますか?」



*電磁波についての記事は、「暮(住宅・職場・ホテル)」のカテゴリー内にあるので、よろしければご覧ください。