大道ブログ

気持ちいい心でいたい私のWell-Being日誌

もうどうでもよくなった古い目標のアファメーションを破棄すべき2つの理由

「目標が達成された(夢がすでに叶った)」というシチュエーションの時に、むかし書いたアファメーション(目標や夢の内容を言語化したもの)は、どうされていますか?

もしくは、目標を書いてみたものの「やっぱりこれやーめた」と、考えが変わってしまったときは!?

「そのままにしている」とのお答えが多いようでしたので、このことについてお話ししていこうと思います。

無意識の作用や、脳のはたらき、意識について、ご興味のある方におすすめの記事です。

目標達成に関するその他の記事⇨ 他人に話してもいい夢や目標 Vs.他人に言っちゃダメな夢や目標、他人の意図に引っ張られない方法

古いアファメーションを破棄すべき2つの理由

 

f:id:omichikahori:20220218021325j:plain

アファメーションの書き方のハウツーで、「不要になったアファメーションは、からならず破り捨てしましょう!」というものがあります。

あまりアファメーションを書く習慣がなかった方にとっては、何かの「儀式」のように思えるかもしれません。

でもこれは、儀式やおまじないではなくて意味がある手順なのですよね。

これまでの私やクライアント様の経験から、「絶対に外せないステップ」と捉えています。

新しい目標が決まりアファメーションを書く時には、必ずやっていただきたいこと。

アファメーションを書くだけでなく、同時に過去に書いた目標もしっかりチェック。そして、もう不要になったものをピックアップし破棄するのです。

これから、それをすべき理由についてお話しさせてください。  

1つ目は「どうでもいい目標が叶ってしまう可能性について」。2つ目は新しいアファメーションとの矛盾が出しまう可能性について」です。

⑴ どうでもいい目標が叶ってもいいの?


古い目標をわざわざ破棄しなくてはならない理由の一つ目は、


破棄しないと「叶ってしまうから」

 

「特にへんなことを書いたわけではないし〜、叶ったとしても、まーいっか」と思う人もいらっしゃるかもしれません。

でも、人生は思うより短いです。

時間は貴重な宝。

別にもうどーでもいいことを実現化させているヒマなどないはずです。

もう不要になった目標であるにもかかわらず、実現化するために、あなたの生命エネルギーを消費していくのです。

これって、かなりのエネルギーの無駄遣いという気がしませんか!?  

⑵ 新旧の目標が互いに矛盾し合ってしまう

 

「アファメーションの破棄」は、アファメーションの設定と同じくらい重要なこと。

それはなぜかというと、


新しい目標だけでなく、古くて不要になった目標までもが叶ってしまうから。


時間差で叶うのならまだいいのですが、微妙に絡み合った内容だった場合、新旧のアファメーションが混ざり合ったシチュエーションで実現化されてしまうこともあります。

最もネックになるのが、新しく設定したアファメーションの実現化の足かせになってしまうこと。

新旧2つの目標が、エネルギー的に矛盾し合い、時間を奪いあうのです。

足の引っ張り合いをするようなもので、新しいアファメーションのためのフォースが弱まります

例えば、こんなケースがありました。

昨年は「イギリス留学する」というアファメーションを書いたけど、やっぱり今年になったら急に結婚して子供が欲しくなってしまい、留学のことなんかもうどうでもよくなってしまった。

それで、新たに結婚のアファメーションを書いた。しかし、古い留学のアファメーションは破棄しなかった。

そうすると、結婚が叶ったが夫がイギリスに転勤になった。英語を勉強するためになぜか学校に入ることになった。勉学に勤しみ大学を卒業する目標もできたところで、妊娠がわかった。

などなど、こんな感じで絡み合うこともあります。

この例では、他人から見ると、さほど悪くはないのでは?と、思えるでしょう。

しかし、もうどうでもいい目標が叶ってしまうのは、本人的には良いことではありません。

それならそのぶん、

 


新しい目標
の方を、もっと早くもっとパワルフに現実化させたい、

 

というのが心情ではないでしょうか。  

 

新しい目標を書く時は必ず見直しをする


そんなわけで、新たに目標を書いた時には、過去のアファメーションのチェックを必ずしてください。

そして、もうどうでもよくなった古い目標のアファメーションは破いて破棄することをお勧めします。

 

破棄のやり方

①赤ペンで大きなバッテンを書く

②ビリビリに破り捨てる



まだ全てのアファメーションをきちんと管理していなかった頃(思いつきで書きなぐっていた頃)、もういらないアファメーションを放置していて、叶ってしまったものがいくつかあります。

でも、もうどうでも良いことだったので夢が叶ったとは認識しないんですよね。

古いノートを読み返してみたら、書いてあったことが達成されていてビックリする、というパターンで叶ったことがはじめてわかるんです。

みなさまはいかがでしょうか?

「あ〜、これはもういいや」という、まだ現実化されてない目標って、いくつかありませんか!?

それを書いた紙やノートは残っていませんか!?

もう不要になったアファメーションは、からならず破り捨てることをオススメします。

これは、「新しく書いた目標を達成させるため」に必要なことだからです。


こんなノートを使っています⇨ おすすめ手帳とアファメーション用ノートで充実した1年にする秘訣とは