大道ブログ

気持ちいい心でいたい私のWell-Being日誌

健康の要は、免疫の機能を高める努力と起こってる出来事をそのまま受け入れるマインド

我が国でも原発事故が起こり、健康被害を心配なさる声が聞こえてきます。今日の記事では、私が知り得たポジティブな情報について、紹介させていただきます。

欧州におけるオステオパシーや代替医療の分野の草分け的存在、ラファエルDO.が来日セミナーを終えて無事オーストリアに帰国しました。

日本でラファエル先生による講習会をはじめたのが2003年のこと。

それ以来、毎年「夏」に来日していただきヨーロッパの最新代替医療の講義をしてくださっていましたが、今年は福島で原発事故があったために、初めての「秋」の開催となりました。

自分の健康と免疫力とマインドに信頼があるから

 

f:id:omichikahori:20211009012135j:plain

スマイルと共に到着されたヴァンアッシェDO.

会って話しを聞いてみると、ラファエルDO.自身は「いつもの様に夏に来日したかった」ということでした。

ですが、奥様から「日本にいかないで!」と、相当ごねられてしまったので、仕方なく秋にしたのだと教えてくれました。

ラファエルDO.の秘書の人も、こんな大規模な原発事故があったのだから、当然ラファエルDO.の訪日はキャンセルだと思い込み、当初の8月の予定を消してしまっていたそうなのです。

報道規制がかかっている日本に住んでる私たちには、事故に関する現状について、情報が入ってきません。

ですが、ヨーロッパでは全ての状況が随時ニュースで開示されていましたので、この日本の大惨事は誰もが知っており、奥様や秘書の人が「まさか日本になんか行かないよね?」と思ったとしても不思議ではありません。

奥様や秘書の方は10代の頃にチェルノブイリ事故を経験しており、「事故の後にはどういう被害的状況が待っているのか」をよくよく知っていました。

なのでご心配なさるのも無理はありません。

ですが、ラファエル先生自身は、何か大事件が起こったからといって、大騒ぎする様な人ではないのです。

 


「起こっていること」は、そのまま「起こっていること」としてただただ受け入れる

 

 

それだけ。

そんな視点をいつももっているラファエルDO.なので、特に心配したり、躍起になったりなど「まったくしていない」と言っておりました。

 

経験者から私たち日本人への役立つ情報

 

f:id:omichikahori:20211009013333j:plain

セミナー会場へ向かう(先頭に座れた)

ラファエルDO.が学長を勤めるウィーン・スクール・オブ・オステオパシーは、オーストリアのウィーン市街に所在します。

そこはチェルノブイリから200数十キロしか離れていないので、ちょうど福島から東京間と同じくらいの距離。

当時、チェルノブイリやその周囲では多くの20〜25歳の年齢の人が亡くなっていたそうです。現在はすでにこの世には存在してない(原発事故の時に赤ちゃんだった世代)とのこと。

しかし、200数キロ離れたウィーンでは、そのようなことは起こってないと。

もちろん、1986年の原発事故当時はウィーン在住の患者さんの身体にもいろいろな弊害が出てた。

しかし、あれから25年たった現在では、ラファエルDO.が日々診療している中で、チェルノブイリ原発事故の影響が未だにある患者さんは、ほとんど見かけないそうです。


この体験者であり治療家である人からの真実の情報は、非常にありがたいです。

同時に、安堵しました。

 

とにかく体の中の酸化をへらすべし

 

f:id:omichikahori:20211009014106j:plain

ゆりかもめで会場へ

放射能についてはまだまだ分からないことだらけなので、結論づけることは難しいと言っておられました。

例えば長崎に原爆が投下された場所から9キロ圏内にいた人達が長寿で生きた例があります。

また、チェルノブイリに住み続けそこでとれた野菜や作物を食べている長寿のおばあちゃんおじいちゃんも沢山います。

被害にあった人と、まったく問題なく長生きしている人の差はいったいなんなのでしょうか!?

ラファエルDO.のアドバイスは一環して変わりありません。


「とにかく抗酸化物質をたくさんとってね」

 

活性酸素(フリーラジカル)が体内に増えてしまう現象は、私たち全員に共通の放射能の影響による症状です。

 

放射能の影響を受けても、大丈夫な人と、大丈夫でない人の差は、「活性酸素の問題を解決してるか否か?」によるのかもしれません。

抗酸化物質とは?健康になるためにすること

 

 自分の体の免疫機能を上げることを沢山しましょう。

 


汚染されていない生の果物や野菜、

味噌梅干しなどの発酵食品を沢山、

自然エネルギーを豊かに使い、
「豊かに暮らしている私達をイメージ」

今自分がすべきことをする
自分の役割を全うしようとすると

 

これらを実践していけば、免疫力や新陳代謝を活発にする助けになるでしょう。

 

同時に体を酸化させるものを排除する

 

当然の事ながら、他の要因で体が酸化ストレスをおこす行為をできるだけ減らしてあげることも必須です。


タバコ、
お酒、
加工食品、
睡眠不足
過度のストレス、

 

これらは、活性酸素の問題を悪化させる行為です。

あとは、できる限りの解毒/デトックスをした方がいいです。

ただでさえ空気中や食べ物から放射性物質(毒素)が体内に入ってしまうのですから、現時点で体内に蓄積してしまってる重金属その他の毒素の解毒をしておくと、体が自分で治るためのキャパシティーが増えます

 

今わたしたちが健康の為にすべきこと、まとめ

 

東京〜福島の距離間と同じぐらいの距離で原発事故を体験した街の人々の様子を診ている自然療法家からのアドバイスをまとめると、


💫汚染されてない生野菜や果物を食べる

💫味噌や梅干しなど発酵食品を摂る

💫未来の明るい展望をイメージする

💫自分のすべき事やしたい事をする

💫酸化ストレスを起こすことを避ける

💫解毒(デトックス)を定期的に行う


「これらをやっていけば、被害を最小限におさえ健康で長寿を全うできる可能性が高い」という事が、同じく200キロ圏内であるウィーンの人たちの身体の様子から予測できる、とのことでした。

原発事故の経験者たちは心配しておられますが、日々患者様の身体を診てきた治療家は、大きな心配はしていない様です。

これは、非常に大切なメッセージでしたので、皆様にもシェアーさせていただきました。

大変な事故が起こってしまいましたが、逆戻りはできません。

自分や家族の健康のためにポジティブにセルフケアをしていきましょう。