大道ブログ

気持ちいい心でいたい私のWell-Being日誌

スティービー・ワンダーさんと2ショットの逸話です

前回の記事にいきなり貼付けた2ショット写真が波紋を呼び(←ウソッ)「なにあれ?そっくりさん?」などなど、色々なレスをもらいました。

今月4日のニュースで、「スティービーワンダーさんが国連平和大使に任命された」というCNNの記事を目にしたので、この写真をとったことを思い出したのです。

前回はカットした写真でしたが、カットしていないそのままの写真はこちら↓になります。右側に女の子がいるのが見えますか!?(彼女について後半でお話しします)

f:id:omichikahori:20210822011231j:plain

スティービーと平和賞パーティー

この写真は私が在米していた頃に、国連からスティービーワンダー氏が平和賞を授与された時のパーティーで撮影したものです。

当時、国連大使だった小和田さん(雅子妃殿下の父上)やデヴィ夫人も、ニューヨークのアッパーウエストに所在するリンカーンセンターで開かれたこのパーティーにいらしてました。

レモンイエローの背中が腰まであいたロングドレスを身にまとったデヴィ夫人の、透き通る様な透明肌の美しさに見とれてしまいました。

小和田さんは外国人の中にいると子供に見えてしまうくらい背が低いのに、スピーチをしていらっしゃる時は大きくなっていたのには感激しました。

オーラがおっきくなっていたのでしょうか。片手をスーツのズボンのポケットに入れて、堂々と英語でスピーチをなさる姿が印象的でした。

スピーチも本当にお上手だし、 とにかくすごくカッコ良かった姿が目に焼き付いています。

黒いドレスの子はスティービーワンダーのお嬢さん


『Isn't she lovely (可愛いアイーシャ)』は、スティービーワンダーさんが お嬢さんを想って創った楽曲です。(最後に動画貼り付けました)

この曲の中に出てくる「she」は、お嬢さんのアイーシャさんの事ですが、トップの写真の右側に立っている黒いワンピースを着た子がそのアイーシャです(当時ティーンエイジャー)。

スティービーは、ボディーガードにがっちり囲まれていたので近づくことができませんでした。ジーッと見ているだけでもマークされてしまうのです。

パーティーが終わり偉い人々がお帰りになった後、誰もいないホールで車が正面玄関に迎えにくるのを娘さんと共に待っていた時にチャンスは訪れました。

スティービーはお手洗いに行っていて、1人で立っていたアイーシャさんに声をかけてみました。「お父さんと写真とりたいな〜っ」と言ったら、なんと直接パパに頼んでくれたのです。

お手洗いから戻ってきたスティービーワンダーさんに「あの子が一緒に写真取りたいんだって」と伝えてくれたら、「いいよ」と言って手招きしてくれたのです。

その時に持っていたのがインスタントカメラ。あの使い捨ての紙製のカメラだったのです。暗いホールでの撮影だったので画像が荒くて残念。

だけど、長年大ファンだったスティービーさんと一緒に写真が撮れたのですから、めちゃくちゃハッピーな夜になりました。

これまで生きてきて、数えきれないほど彼の音楽に励まされてきたのですから。

アイーシャさんも出てくる動画

 

*この記事を書いた時に貼った動画が無くなっていたので、後から貼り直しました。

2017年NYでスティービーが68歳の時にIsn't she lovelyを歌っている動画。昔とまったく同じトーンで歌い、さらに伸びやかな素晴らしい歌声です。

間奏のときアイーシャさんも出てきます!

 

 

どうでもいい余談

 

余談ですが、お手洗い付近で立ったままずっと待機していた、とても美しいモデル風の黒人女性をみかけました。

スティービーさんは頻繁に
マネージャーさんと一緒に席を立ち、パーティーから抜け出して、お手洗いあたりでその女性と密会。熱くChu~♪あんどHug♪を交わしていました。

お嬢さんはずっとパーティー会場内にいましたから、娘の目を避けるかのようにお手洗い前で密会されていて、なんだかほっこりした気持ちになりました。

最近のあるインタビューで『10年前に僕が熱烈な恋愛をしているとき、その彼女の気持ちを探るようにして作った曲が「How Will I Know」です』 とスティービーさん自身が言っていました。

時期的にもたぶん
、この時のモデル風美女の事を指しているんじゃないかなと。


平和大使


今回スティービーワンダーさんが任命された国連の平和大使は、「障害者擁護に関する国連の理念や活動を広める役割」を担うのだそうです。

これまでも、スティービーさんは差別のない
社会作りや人権保護に貢献し続けてきました。

コメント欄より


あつしさん:

カッコいい…大道さんも素敵ですね!!スティービー・ワンダーに負けてませんよ☆任命時のパーティーに参加されていたなんて、とても羨ましいです。大道さんを見ると、素晴らしい方に触れるのはやっぱり大切なんだなぁと、つくづく思いました。オーラが違います。

ちなみに、動画に娘さんも出ているみたいでしたが、当時は一体おいくつなんでしょう?(笑。娘のことを思って曲を書く父親って、本当に素敵ですね。真似しようっと。

 

返信:

あつしさん、お褒めの言葉をありがとうございます♪天才な人とか宇宙と繋がってる人と一緒にいると、かなり触発される感じがします。その後、その感覚をいかに維持するかって所が大事ですね。Isn't she lovelyのはじめの方に収録されてる赤ちゃんの声がアイーシャさんですが、今はお父さんと同じステージに立ってバックコーラスで参加してるみたいですね。いくつなんだろ?あつしさんが娘さんの曲をつくったらぜひ聴かせてくださいね!


Santa Feさんより:

この唄、大好きです。スティービーも愛していますっ。覚えています、この話。ブチューっ!が印象的でした。実際に写真を見たいなと思ってましたので、嬉しいです。今年も、素晴らしい情報発信を有難うございました。

私は、今のところ人生では1番の大変化が10月にあり激しい修羅場を乗り越えて(笑)、ヒトリモノになり初めての一人暮らし、引越しが数日前に終わったばかり。大きな空間が出来たから^^、次に入って来るモノはさぞかし巨大(?)だろうと思います。私の<再>ブチューっライフ、復活の日も近い???不思議と、先に続く道が明るい気がするんですよ。来年も、よろしくお願いします(^-^)



返信:

Santa Feさん、おつかれさまでした!今年は大きな変化のある1年になったのですね。ただ、とてもクリアな感覚があるのですが、きっとSanta Fさん自身が「先に続く道が明るい気がしている」からなんでしょうね。

暗い道を選ぶ人は薄暗い小道を、明るい道を選択する人は光輝く大通りを歩んでゆくのですから、とても良いことだと思います。変化が起こったばかりの時はちとしんどいですが、ココさえ通過してしまえば、あとは新しくより良い展開を待つばかりっ!!来年が楽しみですね。こちらこそ、来る年もどうぞよろしくお願いします♪♪

 

Unさんより:

もう今年も最後ですね☆

「天才な人とか宇宙と繋がってる人と一緒にいる」大道さんと繋がってると、自分も触発されますよ^^)v2009年は大道さんをはじめたくさんの素敵なご縁があって本当に色鮮やかな年になりました。どうもありがとうございます。

2010年、どんな一年にしようか、今から思いっきり楽しんで想像&創造していきましょうね!(Louだったら発明、かもしれませんね)それでは、良いお年を☆


返信:

Unさん、なんか「宇宙友達の輪」って感じですかね!? (^O^)わ〜、スケールが大きくっていいな。

人生が色鮮やかになる体験って、いいですよね。いつもモノトーンの人生だったらつまらない。色鮮やかで立体的で異次元的な人生を目標にしたいです。来年の目標は、かなり大きなものも決まりました!アファメーション続けます。2010年もどうぞよろしくお願いします♪♪